色のおはなし「ピンク」

部屋の中を見回してみてください。

赤、ピンク、オレンジ、黄、緑、青、紫、白、黒・・・

あなたの部屋には、どんな色があふれていますか?

無意識に見ている色には、さまざまな意味や効果があり

私たちの心と体は、自然に色に反応し
影響を受けているのです。

そんな「色のお話」を気ままに語らせていただきます。

 

+++++     +++++     +++++     

まずは、ピンクのお話です。

トールペイントの作品展を見に行った時のことです。

ある一つの作品にとても惹かれました。

 

アンデルセンの童話 「親指姫」

 『親指姫は、チューリップの花から生まれた
親指ほどの大きさしかない小さな女の子です。

お皿の海で泳ぎ、葉っぱの舟をこぎながら
きれいな声で歌いました。

ヒキガエルに誘拐されたり
コガネムシに置き去りにされたりしますが

ある日、瀕死のツバメを助けたことから
花の国へ連れて行ってもらい

めでたく花の王子様と結婚するというお話です。

 

作者の長谷川俊子さんは

「穏やかでやさしい親指姫」を表現するために

淡いピンク、ブルー、グリーンなどの色調を使われました。

 

ピンクの花びらに抱かれている親指姫は
とても愛らしい、やさしい表情をしていますね

でも、同時に凛とした芯の強さも感じられます。

 

..:*・☆..:*・☆..:*・☆..:*・☆..:*・☆..:*

「ピンク」

02

美しさとあたたかさをもった愛の色です。

私たちをふわっと、やわらかく包みこんでくれます。

思いやり、慈悲、配慮
大いなる愛の色

一方で

優しさの内側には、子どもを守る母親のように
強さも秘めているんですね。

ピンクは、赤の中に光が入った色です。

どんどん条件が手放されていき
「無条件の愛」へと変わっていきます。

  

ピンクを自分へ取り入れる

とってもお勧めの方法を紹介しますね。

 

【ピンクの呼吸法】

 

ピンクは「若返りの色」とも言われています。

ピンクの色を思い浮かべ(ピンクの小物を用意してもok)

<美しくなりたい!> <若くなりたい!> 
と願いながら深く呼吸をします。

 あら? 不思議!!

自然と肌が輝き、愛らしく、美しくなってきます

 

05

 

楽しみながら試してみてくださいネ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

曼荼羅アート体験

曼荼羅アート体験

曼荼羅アートをご自宅で体験できます。

メルマガ購読

メルマガ購読

ヒーリングサロンからのお便りをお届けします

おすすめ記事

  • 2016.7.11

    体をゆるめる気功

    3月頃から、月に1回ですが気功教室に通っています。ヨガやスポーツクラブに通ってい…

  • 2018.1.31

    お花をいけるように描く

    結晶の花・優花を描きました結晶の花では、基本的な描き方を学びつつ自由に描いていい…

  • 2016.10.26

    獅子座とアロマ

    夏の盛りに獅子の季節が始まります。太陽が頭上高くにあり、暖かさを浴びることのでき…

ページ上部へ戻る