漢方とアロマセラピーの根本的な違い

精油を作る時の過程で成分が変化し
薬用植物が本来持っている成分と

異なる成分ができます。

例えば

真正ラベンダーには、酢酸りな率という方向物質が
たくさん含まれています。

鎮痛作用、鎮痙作用を示しますが
もともとのラベンダーにはあまり含まれていない

アロマセラピーの蒸留法で精油を抽出する過程で
変化して作られるのです。

なので、元々の植物を原料にする漢方とは
大きな違いがあるのですね〜

それぞれの特徴をうまく活用するには
基本的な知識も必要ですね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

曼荼羅アート体験

曼荼羅アート体験

曼荼羅アートをご自宅で体験できます。

メルマガ購読

メルマガ購読

ヒーリングサロンからのお便りをお届けします

おすすめ記事

  • 2016.10.28

    蠍座とアロマ

    冬に向かう区切りにあります。最近は、この時期になるとかぼちゃのグッズが出回り日本…

  • 2016.11.6

    アロマテラピーの基礎知識

    アロマテラピーとは精油を使った療法のことです。ハーブなどの芳香植物から抽出した精…

  • 2016.7.14

    選択に迷う時のヒント

    人生は、選択の連続ですね。朝何時に起きる? 何を食べる? 次に何をする?日々の小…

ページ上部へ戻る