漢方とアロマセラピーの根本的な違い

精油を作る時の過程で成分が変化し
薬用植物が本来持っている成分と

異なる成分ができます。

例えば

真正ラベンダーには、酢酸りな率という方向物質が
たくさん含まれています。

鎮痛作用、鎮痙作用を示しますが
もともとのラベンダーにはあまり含まれていない

アロマセラピーの蒸留法で精油を抽出する過程で
変化して作られるのです。

なので、元々の植物を原料にする漢方とは
大きな違いがあるのですね〜

それぞれの特徴をうまく活用するには
基本的な知識も必要ですね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

曼荼羅アート体験

曼荼羅アート体験

曼荼羅アートをご自宅で体験できます。

メルマガ購読

メルマガ購読

ヒーリングサロンからのお便りをお届けします

おすすめ記事

  • 2018.1.31

    お花をいけるように描く

    結晶の花・優花を描きました結晶の花では、基本的な描き方を学びつつ自由に描いていい…

  • 2016.7.12

    手の中の太陽を感じる

    個人セッションやWebプログラムにて手のひらリーディングやセラピーをご紹介してい…

  • 2016.10.29

    魚座とアロマ

    「魚座」移ろいやすく柔軟な性質を持っています。捕らえどころがなく、非常に感情的で…

ページ上部へ戻る