漢方とアロマセラピーの根本的な違い

精油を作る時の過程で成分が変化し
薬用植物が本来持っている成分と

異なる成分ができます。

例えば

真正ラベンダーには、酢酸りな率という方向物質が
たくさん含まれています。

鎮痛作用、鎮痙作用を示しますが
もともとのラベンダーにはあまり含まれていない

アロマセラピーの蒸留法で精油を抽出する過程で
変化して作られるのです。

なので、元々の植物を原料にする漢方とは
大きな違いがあるのですね〜

それぞれの特徴をうまく活用するには
基本的な知識も必要ですね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

神聖幾何学・曼荼羅アート

神聖幾何学・曼荼羅アート

神聖幾何学模様を学びながら、曼荼羅を描きます。

無料動画講座

星とカラーで心が輝く講座

星と色をイメージしながら、自分らしさを見つけます

メルマガ購読

メルマガ購読

ヒーリングサロンからのお便りです。

おすすめ記事

  • 2017.1.4

    選択に迷った時には

    昨年も様々な選択をしました。衝動買い、衝動的な申し込み断りづらいお誘いに、仕方な…

  • 2017.1.10

    2とカラー

    「2」「1」が陽なら、「2」は陰女性的なエネルギーを持っています。数字は図形でイ…

  • 2016.10.28

    天秤座とアロマ

    美を愛し、構成を尊び、調和を求めて架け橋となり、慈しみ、心を分かち合う正義、公正…

ページ上部へ戻る