漢方とアロマセラピーの根本的な違い

精油を作る時の過程で成分が変化し
薬用植物が本来持っている成分と

異なる成分ができます。

例えば

真正ラベンダーには、酢酸りな率という方向物質が
たくさん含まれています。

鎮痛作用、鎮痙作用を示しますが
もともとのラベンダーにはあまり含まれていない

アロマセラピーの蒸留法で精油を抽出する過程で
変化して作られるのです。

なので、元々の植物を原料にする漢方とは
大きな違いがあるのですね〜

それぞれの特徴をうまく活用するには
基本的な知識も必要ですね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

手のひらせらぴー

手のひらせらぴー

手の中の惑星とつながり
本質を見つけます

無料動画講座

星とカラーで心が輝く講座

星と色をイメージしながら、自分らしさを見つけます

Be your カラー通信

Be your カラー通信

活動情報・お得なお知らせなどを
メールマガジンでお届けします

おすすめ記事

  • 2017.1.24

    幸せの中心に自分がいる

    幸せって、どんな時に感じますか?小さな幸せ、大きな幸せ・・・人によって感じるレベ…

  • 2016.12.21

    花に癒される時間

    フラワー教室を運営しています。振り返ってみると、始めたのは2011年…

  • 2017.1.9

    パステルアート

    今日は、パステルアートを描いていました。ついつい夢中になって描いているとあっとい…

ページ上部へ戻る