色のおはなし「緑色」

カラフルな花を見ていると、とても楽しくなります

花の周りには、フェアリー(妖精)が集まると言われています。

私は、お花の教室を運営していますが
教室の名前をフェアリーにしました^^

心が沈んだ時は、公園をゆっくり散歩してみたり
部屋にお花を飾ったり、、、

積極的にフェアリーを招いてみてはいかがでしょうか?

 

「緑色のおはなし」

以前朗読を習っていたことがあります。

「葉っぱのフレディ」 というお話が好きで
今でも時々読んでいます。

大きな木の太い枝に生まれた、葉っぱのお話です。

このお話を読んでいると

黄緑→緑→深い緑

緑色の変化が目の前に浮かんできます。

物語をご紹介しますね。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

%e8%91%89%e3%81%a3%e3%81%af%e3%82%9a

春に生まれたフレディは、数えきれないほどの
葉っぱに取りまかれていました。

葉っぱはどれも自分と同じ形をしていると思っていましたが
やがてひとつとして同じ葉っぱはないことに気がつきます。

フレディは、親友で物知りのダニエルから
いろいろなことを教わります。


自分達が木の葉っぱだということ
めぐりめぐる季節のこと

フレディは夏の間、気持ちよく、楽しく過ごしました。
遅くまで遊んだり、人間のために涼しい木陰を作ってあげたりしました。

秋が来ると

緑色の葉っぱたちは一気に紅葉しました。
皆、それぞれ違う色に色づいていきます。

そして冬

とうとう葉っぱが死ぬ時がやってきました。

死ぬとはどういうことなのか...
ダニエルはフレディに、命について説きます。

「いつかは死ぬさ。 でも ”いのち” は永遠に生きているのだよ。」

フレディは自分が生きてきた意味について考えます。

「ねえダニエル。ぼくは生まれてきてよかったのだろうか?」

次々に仲間が散っていきました。

やがて

最後の葉っぱとなったフレディも
静かに地面に降り、深い眠りについたのです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

緑という色は・・・

自然の色、植物の色


私たちに安らぎや安心を与えてくれます。
癒しの代表色ですね!

一方で、平凡、つまらない・・・なんて印象も生んでいます。

昔は、自然に限りがあるなんて誰も思いませんでした。
常に、人間の身近にあったのですから。


緑が失われてきた今の時代だからこそ、人を癒す色として
多くの人に必要とされているのかもしれません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

神聖幾何学・曼荼羅アート

神聖幾何学・曼荼羅アート

神聖幾何学模様を学びながら、曼荼羅を描きます。

無料動画講座

星とカラーで心が輝く講座

星と色をイメージしながら、自分らしさを見つけます

メルマガ購読

メルマガ購読

ヒーリングサロンからのお便りです。

おすすめ記事

  • 2017.3.4

    ありのままの自分を活かす

     ありのままの自分を受け入れるのは簡単そうにみえて、なかなか難しいことかもしれま…

  • 2016.8.8

    色のおはなし「ピンク」

    部屋の中を見回してみてください。赤、ピンク、オレンジ、黄、緑、青、紫、白、黒・・…

  • 2016.10.18

    牡羊座とアロマ

    太陽は、春分の日にこの星座に入ります。そのため、牡羊座には、様々な形で春の性質が…

ページ上部へ戻る