アロマテラピーの基礎知識

アロマテラピーとは精油を使った療法のことです。

ハーブなどの芳香植物から抽出した精油に含まれる
薬理効果を利用して

⭐️香りを嗅ぐ
⭐️体に塗ってマッサージする
⭐️飲む

などの療法が知られています。

歴史を辿ると、ルーツは植物療法にあり、エジプト人は
紀元前3000年頃から治療や儀式に使用していました。

先人たちは、長い時間と経験を費やして
植物の持つ不思議な特性や薬効を発見し
生活に取り入れていたのです。

本格的に研究されるようになったのは
1930年代のフランスで、精油に関する莫大なデータが取られました。

フランスでは、1991年以降にはメディカルアロマセラピーが発展し
医療保険が適用されています。

国によって、捉え方に違いはあるものの
私たちは、植物の持つエネルギーに助けられているのです。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

手のひらせらぴー

手のひらせらぴー

手の中の惑星とつながり
本質を見つけます

無料動画講座

星とカラーで心が輝く講座

星と色をイメージしながら、自分らしさを見つけます

Be your カラー通信

Be your カラー通信

活動情報・お得なお知らせなどを
メールマガジンでお届けします

おすすめ記事

ページ上部へ戻る