アドラー心理学③

共同体感覚

他者と結びついているということが
アドラーのいう「共同体感覚」の意味です。

「人生の意味の心理学」の中から
少し抜粋して、ご紹介したいと思います。

..:*・☆..:*・☆..:*・☆.

共同体感覚とは「仲間」という言葉の原語です。

他者を仲間とみている人は
その仲間である他者に貢献し
対人関係に入っていく勇気が持てる

共同感覚が欠如していると

人を蹴落として出世したいと考えたり
自分をことさら大きく見せようとしたり
他人を支配しようと考えてしまう

人間は一人では生きていけない
必ず他者と共生しなければならないので

関心は、自分にだけではなく
他者にも向けられていなければならない

共同体とは

自分が所属する家族、学校、職業
社会、国家、人類という全てであり

過去、現在、未来の全ての人類
さらには生きているものも
生きていないものも含めた
この宇宙全体を指している

..:*・☆..:*・☆..:*・☆.

今の自分の価値を受け入れ
自分らしく、他者と共同体感覚を持って生きていく

こんな生き方を目指したいと思います

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

曼荼羅アート体験

曼荼羅アート体験

曼荼羅アートをご自宅で体験できます。

メルマガ購読

メルマガ購読

ヒーリングサロンからのお便りをお届けします

おすすめ記事

  • 2018.9.6

    花カードのアファメーション

    描きためた花カードで久しぶりに動画を作成してみました。アファメーションとは目標に…

  • 2016.10.29

    魚座とアロマ

    「魚座」移ろいやすく柔軟な性質を持っています。捕らえどころがなく、非常に感情的で…

  • 2017.7.12

    空間があるから活かされる

    道に迷ったら読むといいとされる「老子の言葉」紀元前6〜5世紀の古代中…

ページ上部へ戻る